屋根のリフォーム、葺き替え工事

 屋根のリフォーム・葺き替え工事っていつやるの?
屋根は日々雨風に耐え、災害などから暮らしを守っています。やはり屋根も年をとり傷んでいきます。 屋根のサビや破損、色あせ、コケが生えたり瓦のズレなどの症状が出ていれば一度見たほうがいいでしょう。毎日家を守ってくれている屋根に、もっとしっかりとした管理をしてあげましょう。
屋根のサビ 屋根の色あせ 屋根のコケ・かび 瓦の劣化

【施工例】 ご自宅の屋根は大丈夫ですか?生まれ変わったようにきれいになっています。

【屋根材】

窯業系・自然系・化学系・金属系など、屋根材にはそれぞれに長所や短所があり、環境によって適するものが異なってきます。耐久性や耐火性、強度、水はけ度、耐震性など他にもいろいろありますが、これらの条件をきちんと把握して良いものを選びましょう。
主な屋根材として、日本瓦・スレート瓦・カラー鉄板瓦棒葺きなどがあります。
■日本瓦
維持がしやすく、破損しても交換が簡単です。断熱性もあり室内環境を良い環境に保つことができます。この中では初期費用が最もかかります。
■ストレート平瓦
表面にホコリ等がたまると雨漏りや毛細管現象を起こすこともあります。他の素材に比べ、劣化しやすいです。日本瓦よりはコストを抑えることが出来ます。

■カラー鉄板瓦棒葺き
錆が出てきますので、定期的な塗装工事をすることが望ましいです。この素材はこの中では最もコストがかかりませんが、防音や断熱に弱いです。

金属屋根材

金属屋根材は重量が軽く、耐久性、耐火性に優れており、風雨・雪などの自然条件や自然災害に対して有効です。施工費用は最もコストを抑えることが出来る上、仕上がりも美しくできあがります。管理も非常に簡単で、最近では様々なデザインのものもでています。
主な金属屋根材として、ガルバニウム鋼板・ガルファン鋼板などがあります。
■ガルバニウム鋼板
様々な耐久性に優れており、高強度で軽量な屋根材です。フッ素樹脂塗装により紫外線や酸性雨からも強力保護してくれます。錆びにくいです。
■ガルファン鋼板
ガルバニウム同様耐久性に優れており錆びにくく、外壁材としての意匠性を高めるための曲げ加工性が高いとされています。
   

外壁リフォーム

外壁も屋根同様、雨風、熱などを防ぎ住まいを守っています。そんな外壁はちょっと傷むとすぐ目立ちます。住まいの外見は外壁で印象が変わってきますので、外壁のケアと同時に飾ってあげたいですね。
外壁のヒビや、外壁を触って白い粉が付着すれば、外壁替えの危険サインです。
サイディングといって外壁にパネルを貼り付ける施工があります。今までの外壁とは違う素材感に仕上げることが出来、さらに耐性もつき、一気に見た目もリニューアルされます。お好みによってパネルもお選びいただけますので満足のいくものができるでしょう。

施工例

なんだかお家に元気が感じられなかったものの
まるで新築と見違えるようになりました。 補強も出来て、一石二鳥ですね。
 屋根と外壁工事はセットがお得です
屋根工事、外壁工事は必ず足場を組みます。足場を組むのにも費用がかかります。なのでセットでやってしまったほうが、足場代がお得になります。